ブログトップ

Rain Forest

recette528.exblog.jp

海のイメージで

d0176827_14152964.jpg
 毛糸で編むニットはどうしても秋冬のイメージが強いですが、夏にも飾れるデザインを探しています。まずはありがちですが海で。

 毛糸を並べて色の組み合わせを考えていた時のイメージよりも割りと単純な感じになってしまったので、ボタンの力を借ります。上の画像、まずは安心の同系色。
d0176827_14245609.jpg
 補色の黄色。シェルボタンでピカピカしてます。
d0176827_14290768.jpg
青が強いので、3個付けたかったのですが、なかったので襟元だけ。
d0176827_14305838.jpg
 1つだけでもこのボタンは相性が良いような気がします。

 普段からボタンはかわいいのがあれば入手するようにしていますが、最近在庫が少なくなってきました。一時はレジンで作ったりもしましたが、ダサくなってしまい、懲り始めるとそちらにエネルギーを取られてしまうので、市販品を探す楽しみの方を取ることにしました。

 PCのネットが調子悪いので、スマホで投稿しています。もし販売サイトでお取引の最中に繋がらなくなったりしたらと思うと軽く血の気がひきます···。スマホありがたや~🙇

[PR]
# by recette5280 | 2018-01-06 14:14 | handmade | Trackback | Comments(0)

2018年 私も挑戦

d0176827_16200477.jpg
 明けましておめでとうございます。
 今年は上の子供の高校受験があり、私とは地域も時代背景も異なっているので、私の方がうろたえています。

 子供の挑戦に合わせて私もミニミニ・ニットの編み図の販売を決めたのですが、無地パターンの次に販売予定の、編み込み模様の選択にまたぶつかってしまいました。

 編み込み模様を編む時に、裏で編まない糸が長くなる時は、途中でその糸を編む糸でくるむのですが、それ以外にも糸をくるむポイントがあちこちにあって、はたしてどこまで追求するべきなのか・・・。なるべく、くるむポイントが少ないパターンを探しています。

 一応上級者向けのパターンとしているので、そういう方はきっと何の説明がなくともその場その場で「こうした方が仕上がりが綺麗よね」って適切に編んで下さるでしょう。しかし、初めてだけど綺麗に編みたい!という方もいらっしゃるかもしれないので、書くだけは書いて、後は編み手の好き嫌いやレベルに合わせて、編む余裕が出来たら編む、という方向になりそうです。
 
d0176827_16200906.jpg
 同じパターンでも色が違うと模様の見え方も違って見えるようです。このピンクは毛糸玉の状態より、編んだ物の方がかわいく見えました。いまだに初めて気づくこともあるので、定番に安住せず、もっといろいろな毛糸に挑戦しよう!

 今年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
# by recette5280 | 2018-01-03 17:10 | handmade | Trackback | Comments(0)

冬の森のセット

d0176827_12154710.jpg
 今年の1月に編んだものですが、しんしんと雪が降る森の情景を思い浮かべて頂けるでしょうか。もう年も明けますし、どちらかというと新春をイメージさせる明るい色目のほうが季節を先取りする日本の慣習にあうかもしれませんが、これも年明けに出品いたします。

 同じく年明けに販売開始予定のミニミニ・ニットの編み図は、まず無地のみですが、もちろんご自身で編み込み模様を入れて頂くこともできます。ただ、編み手によっては縦横に大きくなる可能性があるので、次に販売予定の編み込み模様入りの編み図は無地とは目数、段数が異なります。

 実際に人が着るものではないので、あまりゲージとかは考えていなかったのですが、ドール服は糸の太さや手のきつさでシルエットが変わったりするので思っていたよりも大変でした。考えるのは楽しいですが、試作には時間がいくらあっても足りず、いやでも脳トレと思えばおばあちゃんになっても楽しめそうです!

よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
# by recette5280 | 2017-12-28 13:05 | handmade | Trackback | Comments(0)

ドール服にも挑戦

d0176827_12472120.jpg
 ミニミニ・ニットにボタン穴を開け、ブライスに着せてみました。下のスカートはスウィングプリーツ仕様。

 これまでに編んだニットをブライスにも何度か着せたのですが、ボタンがどうこう言う以前に、インテリア雑貨としてのデザインと、お洋服としてのデザインは全く別物ということに行き詰まっていました。

 柄を考えてもダサダサから抜けきらす、結局いつもの「Simple is best」に立ち返って、工夫するのは形!ということにしました、とりあえず。

 基本の形から襟を少しアレンジしています。開き具合などはさらに調節し、もっと勉強して柄物にも挑戦したいと思います。

よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
# by recette5280 | 2017-12-21 13:14 | handmade | Trackback | Comments(0)

ミニミニ・ニット 恐る恐るの再開です。

d0176827_13014330.jpg
 今年の投稿がこれで3度目という長いうたた寝からようやく目覚め、まずは1セットからまた販売を始めました。去年のものも2セット残っており、こちらは去年よりは少しですが値下げ致しました。

 お客様の負担がより少ないminne様の方でまず出品しております。tetote様でしか登録していないというお客様がいらしたら、どうぞご連絡ください。Sold Outになっていない限り、tetote様でも販売準備を致します。

 最近のインテリアの流行でよく目に入るのが、モノトーンのお部屋です。私も素敵なインテリアブロガーさんの影響をまともに受け、何かを買うときはまずは白!となっています。確かに散らかり具合をうまく誤魔化せる(意図が違う)。

 そこで!そういうシンプルなお部屋に合いそうで、もともと人気のあったモノトーンのセットから始めてみました。この「そこで!」は決してこのミニミニ・ニットで散らかったお部屋を誤魔化せる、という意味ではありませんので、お掃除、整理整頓は必要です!(主旨が混乱中)。

d0176827_13023263.jpg
 そして1年ほど前から少しずつ取り掛かっていた図案の販売も、ようやく準備が整って参りました。今まではエクセルで作ろうとしていたのですが、なかなか難しく(技術不足のせいです)、CADで試しに作り始めると画像も取り扱いやすく、思うように作れたと思います。とはいえ、大手出版社と同じように作れるはずもなく、手作り感満載です。こちらは年明けからの販売になる予定です。

 来年は子供の受験があるので、年末年始は帰省せず自宅で過ごす予定です。新しいアイデアのためにいろいろな物事をInputすることに時間を使いたい!

よろしければどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
# by recette5280 | 2017-12-19 14:27 | handmade | Trackback | Comments(0)

久しぶりの出没

ご無沙汰しております。
色々忙しかったり、何も作ってなかったりで更新していないにもかかわらず、若干数の訪れは、おそらく見るためだけに作ったインスタグラムのアカウントからたどってきて下さった方々だと思われます。ありがとうございます😢

去年、6年ねばったガラケーがとうとう通話もままならなくなり、スマホに変えました。地図とお天気アプリさえあればいいと思っていたけれど、あれよあれよと増えていき、今は外部の脳としてコキ使っております。こうしてブログの更新も出来て時間の節約にもなりますね。

ミニミニ·ニットの方はなかなかまとまった時間が取れず、今年は見通しがたてられませんが、今は色々なアイディアをインプット&蓄積中と思って自分自身が焦らず楽しんで編める日を待ちたいと思います。

さっきマンションのライトにギンヤンマが何度も激しくぶつかりながら飛んでいました。網で捕まえ、子供たちに見せたあと放しましたが、台風の風で山の方から飛ばされてきたのでしょうか?

虫がニガテな方はこのへんで。








d0176827_23405151.jpg

[PR]
# by recette5280 | 2017-08-08 23:18 | etc | Trackback | Comments(0)

冬の森シリーズ

d0176827_12315415.jpg
 あけましておめでとうございます。
 歳をとるにつれて活動量は少なくなってきましたが、せめて熟し具合?で頑張りたいものです!今年もよろしくお願いします。

 木の模様の時は基本的に裾をAラインにすることにしました。普通に編むと、両側の木が内側に曲がってしまったので。木の本数も増やして遠近法的に小さくいれてみました。並べてみると水色の3本だけのものでもそうさみしくはないかな?
d0176827_12315303.jpg
 前身ごろには雪の結晶を入れたバージョン。もうすこし何かやりようがあるような…。
d0176827_12315366.jpg
 こちらは雪を普通に降らせました。雪の間隔を適度にあけるのが難しかったです。

 最初の画像のように同系色を並べると、冬の森の時間が遷っていくよう。春夏秋ならどうなるだろう?

↓〇の母、き〇えホワイト、養〇酒、〇ンケルって創作意欲減退にも効くのかしらーーーーー!?よろしければお願いします…。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
# by recette5280 | 2017-01-12 13:07 | handmade | Trackback | Comments(0)

「ラトビアのミトン」が到着しました

d0176827_21440154.jpg

 昨日、予告より少し早く本が届きました(実際は本も緩衝材シートでくるまれていました)。待っていてよかった~。翻訳サイトに頼らず、日本語ですらすら読めるのはかなり嬉しいです!

 見開きで左側に編み図、右側に完成品の写真が載っています。地区ごとに分類されていて、その地区の特徴などの説明が少しですがありました。編み物の本のように、説明図つきの詳しい編み方は掲載されておらず説明文のみです。

 ここのところ、さすがに福岡地方も12月らしい寒さになり、タイツの上に靴下も履くのですが、ゴムの締め付けで湿疹ができたりしてどうしたものかと思っていました。そこで自分で靴下を編めばいいのだ、ラトビアのミトンの柄で編もう!と今思いつきました。

 ミトンは編んだことがあるのですが、私の生活においてはなんでもちゃっちゃと済ませたいので、実用的な5本指の手袋が便利だし、今のところまたミトンを編む予定は正直ないのです。でもミニミニ・ニット以外でも伝統的な柄の編み込みを楽しめて、日常生活で実用品として使い倒せるアイテムとして靴下はぴったりです!本来の用途とは違うけれど、自分にとって楽しめる方法を考えるのは楽しいです。
 
d0176827_13504482.jpg
 トナカイの角も修正し、また雪が降る森のイメージの新柄もだいたいまとまってきました(でもまだ魚のホネに見える…)。編み物以外にもシリーズものの読書に溺れており、時間がいくらあっても足りないです。

何かお役に立てたことがあればお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村



More(うさぎさんへ)
[PR]
# by recette5280 | 2016-12-08 22:10 | handmade | Trackback | Comments(0)

トナカイ柄、改良中

d0176827_08233501.jpg
 クリスマスに向けてトナカイの柄を考えています。角や空白を埋める雪の位置など、まだまだ改良中で、これらは家用にします。赤はメリノ混の普通のウール、緑はシェットランドウールです。少し大きくなります。

d0176827_08233140.jpg
 緑のほうは木の模様に編みまちがいがあります。編み始めの部分なのですが、気づいたのがほぼ完成時…。ちゃんと模様が出来ているか確認しながら編めばよいものを、早く仕上げたいばかりに突っ走ってしまう。

 最近ブログよりもインスタグラムの方にメインの活動を移されるブロガーさん、作家さんが増えてきたので、主に見るがために私もアカウントを作ったのですが、それはもう美しい写真ばかりで圧倒されます。特に、タイムラインではない、個人のページは写真で埋まるので、もうその方の世界というか、脳内を覗いている気分に…(いやらしいな…)。仕事や生きがいとして、それにかけていればいる程そうなるのは当然でしょう。私も今からまた試し編み頑張ろう!


[PR]
# by recette5280 | 2016-11-24 09:51 | handmade | Trackback | Comments(0)

ついに日本語版!「ラトビアのミトン」

d0176827_13573609.jpg
 2016年冬号の「毛糸だま」の紹介をたくさんのブロガーさんのところで見てフェアアイルの特集があることを知り、さっそく取り寄せました。そこで思いがけないお知らせが!!

 ラトビアで出版されたミトンの本「CIMDI」がとうとう日本語版でこの12月に日本で発売されることになったようです。このページはそもそも「毛糸だま」の記事というよりは、販売元の広告ページっぽく、さっそくサイトを訪れてみました。


 2014年春号の「毛糸だま」では近いうちに日本ヴォーグ社から発売予定とあったので、首を長くして待っていたものの、なかなかそのお知らせを見つけることができず・・・。他のサイトで原版を見かけるものの、諭吉出陣ぐらいのお値段だったので、なかなか思い切れませんでした。

 何年も前にニット作家、すぎやまともさんのサイトで知ったのですが、2006年にNATO(編み物とは程遠いジャンルですなぁ・・・)のサミットがラトビアで開催され、その時にお土産として4500組のミトンが配られたそうです。しかもその時のNATOのサイトでそれらのミトンの画像が一つ一つダウンロード出来るようになっており、私は全てダウンロードしました。

 私が編むミニミニ・ニットの柄はこれらを参考にしており、出版される本に載っている図案もほぼ制覇しているであろうぐらいのファイルの数なので、わざわざ本を買わなくてもいいのですが、デジタルデータはとんでしまうとおしまい。紙に印刷出来る数ではなく、やはり専門家が選んだ代表的な図案やデザインがまとめられた本は手元にぜひ欲しいです。


d0176827_13574737.jpg
 ついでの編みたてのミニミニ・ニット。初期のころによく編んでいた柄です。ヨークのしましまがちょっと手間だけど、好きなデザインではあります。


追記
d0176827_17113853.jpg
次号では巻頭特集です。楽しみです!


[PR]
# by recette5280 | 2016-11-12 17:12 | handmade | Trackback | Comments(2)